★12月21日 冬至 風のシャンバラ(地球天国)ゲート オープン トランスミッション」タグアーカイブ

★12月21日 冬至 風のシャンバラ(地球天国)ゲート オープン トランスミッション, カルマ浄化 グループセッション

★12月21日 冬至 風のシャンバラ(地球天国)ゲート オープン トランスミッション, カルマ浄化 .  

2020年12月は天体では様々な惑星の動きがあり、特に14日の新月から30日の満月までは特別な動きが目白押しです。 

特に注目すべき日は12月21日の冬至。冬至の日には、次元間のベールが薄くなり、ゲートが開くために高波動のエネルギーが降りてきます。また、新しいサイクルのはじまりでもありますが、特に今年は格別なエネルギーで、240年続いた地のエネルギー時代が終わり、これから200年以上続く風の時代、変容の時代へと移行していきます。元素面からの完全な移行があるために、意識レベルも変わり、世界への見方も変わっていきます。

このシフトは、木星と土星がみずがめ座に対して0度の角度で風の宮のみずがめ座に入るグレート・コンジャンクションと言われる動きで増大されます。このエネルギーは、限界のないエネルギー。これがどれだけ重要なシフトであるかお分かりですか?一つの時代が終わり、新たな時代が始まる。例えていうと、江戸時代から明治時代に入った時のような、地球エネルギーが宇宙のエネルギーを更にオープンに受け取って変化していく、という感じ、それほど大きな変化です。

これまで不可能と思っていたことが可能になっていき、私たちは更に集合意識をベースにして変化をしていき、これらが更に加速化していきます。グレート・コンジャンクションが風の宮で今後200年以上続くのは初めてのことであり、新しい時代の幕開けとなります。

12月21日のスペシャルな日に変容をもたらしませんか?

詳細はこちらからご覧いただけます。